将 棋 タ ウ ン 掲 示 板
  • マナーを守って楽しく使って下さい。
  • ヒマがあったら、掲示板使用についてもご覧下さい。
  • タグは使えません。また、半角カナは一切使用しないで下さい。文字化けの原因となります。
  • おなまえとコメントのみ必須です。コメント中にURLを入れる場合は、ttp://として下さい。
  • パスワードを入れておけば、ご自分のコメントの削除と修正ができます。

[ホームへ戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント 【コメント中のURLは先頭のhを抜いて書き込んで下さい。】
コメント中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[2439] Re:[2438] HP引越のご報告 投稿者:管理人 投稿日:2012/01/19(Thu) 10:44  

ご連絡ありがとうございした。
直しておきましたので、これからもよろしくお願い致します。


[2438] HP引越のご報告 投稿者:Rocky-and-Hopper 投稿日:2012/01/18(Wed) 22:58  

いつもお世話になっております、Rocky-and-Hopperです。
ご報告を忘れていましたが、HPを引っ越しました。
お時間のある時に、リンクを変更いただけると嬉しいです。

旧)ttp://snow.freespace.jp/Rocky-and-Hopper/
新)ttp://rocky-and-hopper.sakura.ne.jp/


[2437] 将棋の読みについて 投稿者:コクシムソウ 投稿日:2012/01/18(Wed) 22:33  

人間の場合、だいたい20手読めたらほぼ最強なのではないでしょうか。
ちなみに、ボンクラーズは1秒間に1800万手読むみたいですね。
人間がボンクラーズに勝てないはずです。
こうなったら、もうコンピュータとは指さずに人間どうしで指すようにすればいいですね。


[2436] 下記の件 投稿者:管理人 投稿日:2012/01/18(Wed) 14:50  

何人かの方にメールを頂き、ありがとうございました。
やはり多くの方に二部づつ送ってしまったようで、本当に申し訳ありません。
引き続き調べてみます。


[2435] お詫びとお願い 投稿者:管理人 投稿日:2012/01/17(Tue) 14:21  

メルマガを登録されている方へ

昨日のメルマガですが、おそらく同じものが二部送られてしまったと思います。申し訳ありませんでした。

実は、新しいパソコンにして、(非常に良いのですけど)まだ慣れない部分も多く、ちょっと作業に手間取っています。
なぜ二部送られたかについても、調査中ですが、原因がつかめていません。

そこで一つお願いなのですが、本当に二部送られたかどうかはっきりと確認しておきたいので(配信結果だけがそうなっていますので)、メルマガを登録されている方で、二部来たと言う方はメールで知らせて頂ければ有り難いです。
それによって、調査対象が少し狭まりますので、よろしくお願いします。


[2434] Re:[2429] 米長先生の勘違い 投稿者:oga-chan 投稿日:2012/01/16(Mon) 22:10  

>おやじさん
変則的な戦いに持ち込んだこと自体には問題はないと思います。心理的な意味ではなくて、現在のコンピュータは変則的な局面は(データが少ないゆえに)苦手としていますから。実際、棋譜を追ってみると(深く読んではいませんが)、コンピュータ側も何度も7筋の歩を交換するなど、不自然な動きをしています。それに、あの形で美濃囲いにしたことも、あまりメリットがなさそう。位取られて押さえ込まれたところ、かなり薄いですから。
ただ、それでも取り返しができないほど作戦負けになる形を選択してしまったのが致命的だったのでは。玉の位置が…。
それと、中盤以降は一直線に持っていった感じでしたね。中盤の入り口で差を付けておかないと人間側が既に厳しいのかもしれません。


[2433] 新たな発見 投稿者:コクシムソウ 投稿日:2012/01/16(Mon) 20:19  

将棋倶楽部24で指していて、僕なりにわかったことがあります。
それは、振り飛車を指すと居飛車穴熊で、矢倉を指すと右四間飛車でやられてしまうということです。
ということで、初手は2六歩と指すのがいいというのが僕なりの答えです。
でも、相手はどうくるかはわからないですからね。
将棋は難しいですね。


[2432] 欲しい駒 投稿者:こま亀 投稿日:2012/01/15(Sun) 21:20  

一乕作の彫駒を探しています。
情報をお持ちの方のご連絡を
お待ちします。


[2431] Re:[2430] でも、来年の5番勝負た楽しみです 投稿者:おやじ 投稿日:2012/01/15(Sun) 21:14  

反論の趣旨が判りません。
自分のいう変則的な手とは、棋理に反するけど相手の心理的な動揺による間違いを誘発することで勝機を探るという意味です。
でも、コンピュータの場合は、感情がなく、変則的な手に対する揺らぎは、応手ごとの棋理に基づく冷徹な形成判断の反復で迅速にコンピュータ側に有利になるように収束するから、かえって、損という意味です。
今回の場合でいえば、玉飛接近の悪形の欠点が徐々に顕在化して挽回不能になる、ということです。

コンピュータ相手の場合は、固く囲う、が基本と思いました。

初手、角頭歩突きでもやりますか?
以前、米長先生がやってましたね。




> コンピュータ戦における心理戦は、とても重要ですよ。
> 例えば、コンピューターが10手先まで読む場合は、相手が9手目まで良手を指した場合を想定して指してきます。
> これは、仮にコンピュータの方が先まで読んでいる場合は、良手だけを指して勝つことが困難なことを意味します。
> つまり、変則的な手の次にある有利な局面を目指す必要があります。
>


[2430] でも、来年の5番勝負た楽しみです 投稿者:Okaji 投稿日:2012/01/15(Sun) 14:17  

コンピュータ戦における心理戦は、とても重要ですよ。
例えば、コンピューターが10手先まで読む場合は、相手が9手目まで良手を指した場合を想定して指してきます。
これは、仮にコンピュータの方が先まで読んでいる場合は、良手だけを指して勝つことが困難なことを意味します。
つまり、変則的な手の次にある有利な局面を目指す必要があります。



[2429] 米長先生の勘違い 投稿者:おやじ 投稿日:2012/01/15(Sun) 11:55  

ボンクラーズとの棋譜をみましたが、コンピュータには、変則的な心理戦?は一切通用しない、ということが米長先生にはわかっていないのかと思った。
人間なら、変則的な手をさされると、「このやろうなめんなよ」と熱くなり、読みが混乱する、とかの期待もありますが、..
網羅的な読みを実行する冷徹なコンピュータに対して、棋理に反した手は、自分の首を絞めるだけ。
特にその変則的な手が、今回のように囲い形を制約して玉の硬さを弱めるような手(玉飛接近の悪形と、正攻法の蓑囲い)の場合、最悪。米長先生は自分に負けたようなもの。

今回で、コンピュータ相手の場合、玉の薄い将棋は圧倒的に人間に不利になる、と思った。
正攻法で囲いあって、中盤の微妙なところで、....

それにしてもボンクラーズは強い。大駒への当たりを放置して相手玉にまっしぐら。




[2428] ボンクラーズ勝利 投稿者:コクシムソウ 投稿日:2012/01/14(Sat) 19:47  

米長会長対ボンクラーズの対局は、ボンクラーズが勝ちました。
ついにコンピュータの時代がやってきたな。
日本将棋連盟の時代が終わった。


[2427] Re:[2426] 将棋の勉強法 私見 投稿者:コクシムソウ 投稿日:2012/01/14(Sat) 19:38  

> トッププロ(昔なら大山、中原、いまは羽生かな)の著書を熟読して、将棋盤に繰り返し並べて確認すること。
> 読むだけでなく、必ず盤面に並べて勉強する。
>
> また、トッププロの棋譜を盤面に並べて、一手、一手なぞる。
>
> 囲碁の先生曰く、ウソかほんとか、囲碁でも、トッププロの棋譜を実際に丹念に盤面に並べて勉強すると、実戦で迷ったときでも急所にひとりでに手が行くようになるそうです。
> つまり、体で憶える、ということか。
>
> そういえば、将棋プロの脳を解析すると、プロは、自転車の乗りかたを憶えるような、肉体反射のレベルで指し手を思考しているらしい、というニュースがありましたね。
>
> 囲碁先生の言い種と通じるところがありますね。

さすがおやじさん。
僕よりも適切なアドバイスありがとうございます。
僕も、この通りの勉強法で頑張ってみます。


[2426] 将棋の勉強法 私見 投稿者:おやじ 投稿日:2012/01/13(Fri) 23:30  

トッププロ(昔なら大山、中原、いまは羽生かな)の著書を熟読して、将棋盤に繰り返し並べて確認すること。
読むだけでなく、必ず盤面に並べて勉強する。

また、トッププロの棋譜を盤面に並べて、一手、一手なぞる。

囲碁の先生曰く、ウソかほんとか、囲碁でも、トッププロの棋譜を実際に丹念に盤面に並べて勉強すると、実戦で迷ったときでも急所にひとりでに手が行くようになるそうです。
つまり、体で憶える、ということか。

そういえば、将棋プロの脳を解析すると、プロは、自転車の乗りかたを憶えるような、肉体反射のレベルで指し手を思考しているらしい、というニュースがありましたね。

囲碁先生の言い種と通じるところがありますね。








[2425] Re:[2424] 無題 投稿者:コクシムソウ 投稿日:2012/01/11(Wed) 18:29  

> また頭の悪い人が出てきましたね〜
> その勉強法で一体どれほどの棋力になるのやら・・・

この勉強法はだめですか。
なかなかいいと思ったのですが。


[2424] 無題 投稿者:RIO 投稿日:2012/01/10(Tue) 20:10  

また頭の悪い人が出てきましたね〜
その勉強法で一体どれほどの棋力になるのやら・・・


[2423] 究極の勉強法 投稿者:コクシムソウ 投稿日:2012/01/06(Fri) 14:52  

将棋の研究をしていて、ついに究極の勉強法を発見しました。
それは、3手詰めを解くことです。
定跡や次の一手は勉強しなくてよい。
なぜなら定跡を勉強しても、実戦ではその通りになることは絶対にないからです。
次の一手も同じです。
次の一手問題と同じ局面は絶対に出てきません。
つまり、今までに見たことのない局面で答えを出さないといけないということです。
そのためには、3手読む訓練をしていないといけません。
そのために3手詰めを解くのです。
長手数の詰将棋はしなくてよい。
3手詰めを解くようにすればじゅうぶんです。


[2422] Re:[2421] [2420] 米長会長、コンピュータ将棋に敗れる 投稿者:よっしー 投稿日:2011/12/27(Tue) 11:23  

ああ〜それは言えるかもしれませんね。最近は研究勝負になってきて、技あり一本という感じになってきましたからね。終盤の感動度でいえば、昔の棋譜が勝っているような気がします。今期の王位戦第4か5局(横歩取りだったんですが・・・どっちか忘れました)は結構シラけましたし。タイトル戦くらいは研究から先にも力を出してほしいと思う今日この頃です・・・

> いくら自動車が発達してもマラソンや短距離スポーツの感動は損なわれないように、将棋文化も続いてほしい。
> ただし、そのためには、プロ棋士には、ファンに感動を与えるような良い棋譜を残す精進がないと。
>
>
> > 例えば野球のピッチングマシンですが、今や200Km/hを超えるものがあると聞きます。
> > 人間で言えば現在おそらく160Km/hが限界だと思います。
> > かといって野球の面白さが半減したかというとそうではないように思います。
> >
> > 同様にコンピュータチェスはすでに人間を超えてかもしれませんが、それでもチェス人口は減少していないようです。
> > コンピュータ将棋・囲碁もあと何年後には完全に人間を超える時代が来ると思いますが、おそらく人口は減少しないと
> > 思います。そうなって欲しくないという願いもありますが・・・。
> >
> > 詰将棋に至っては、渡辺明プロが実戦で詰ませられなかったのを、自宅に戻ってパソコンで詰みを確認したように
> > 詰将棋では人間をすでに超えているようにも思えますが、将棋世界に掲載されている谷川浩司の詰将棋を2問ほど
> > AI将棋ver.18、激指定跡道場2に解かせてみましたが、いずれも解けませんでした。
> > 使っているソフトが渡辺プロが使用しているものと違うのかなにかわかりませんが・・・
> >
> > 5手必死なども将棋世界に掲載されているものをAI将棋ver.18、激指定跡道場2解かせてみましたがやはりいずれも解けませんでした。
> > コンピュータ将棋にもまだまだ課題が残っているような気がします。
> >


[2421] Re:[2420] 米長会長、コンピュータ将棋に敗れる 投稿者:おやじ 投稿日:2011/12/27(Tue) 09:57  

いくら自動車が発達してもマラソンや短距離スポーツの感動は損なわれないように、将棋文化も続いてほしい。
ただし、そのためには、プロ棋士には、ファンに感動を与えるような良い棋譜を残す精進がないと。


> 例えば野球のピッチングマシンですが、今や200Km/hを超えるものがあると聞きます。
> 人間で言えば現在おそらく160Km/hが限界だと思います。
> かといって野球の面白さが半減したかというとそうではないように思います。
>
> 同様にコンピュータチェスはすでに人間を超えてかもしれませんが、それでもチェス人口は減少していないようです。
> コンピュータ将棋・囲碁もあと何年後には完全に人間を超える時代が来ると思いますが、おそらく人口は減少しないと
> 思います。そうなって欲しくないという願いもありますが・・・。
>
> 詰将棋に至っては、渡辺明プロが実戦で詰ませられなかったのを、自宅に戻ってパソコンで詰みを確認したように
> 詰将棋では人間をすでに超えているようにも思えますが、将棋世界に掲載されている谷川浩司の詰将棋を2問ほど
> AI将棋ver.18、激指定跡道場2に解かせてみましたが、いずれも解けませんでした。
> 使っているソフトが渡辺プロが使用しているものと違うのかなにかわかりませんが・・・
>
> 5手必死なども将棋世界に掲載されているものをAI将棋ver.18、激指定跡道場2解かせてみましたがやはりいずれも解けませんでした。
> コンピュータ将棋にもまだまだ課題が残っているような気がします。
>


[2420] 米長会長、コンピュータ将棋に敗れる 投稿者:いぶしのけん 投稿日:2011/12/26(Mon) 11:31  

例えば野球のピッチングマシンですが、今や200Km/hを超えるものがあると聞きます。
人間で言えば現在おそらく160Km/hが限界だと思います。
かといって野球の面白さが半減したかというとそうではないように思います。

同様にコンピュータチェスはすでに人間を超えてかもしれませんが、それでもチェス人口は減少していないようです。
コンピュータ将棋・囲碁もあと何年後には完全に人間を超える時代が来ると思いますが、おそらく人口は減少しないと
思います。そうなって欲しくないという願いもありますが・・・。

詰将棋に至っては、渡辺明プロが実戦で詰ませられなかったのを、自宅に戻ってパソコンで詰みを確認したように
詰将棋では人間をすでに超えているようにも思えますが、将棋世界に掲載されている谷川浩司の詰将棋を2問ほど
AI将棋ver.18、激指定跡道場2に解かせてみましたが、いずれも解けませんでした。
使っているソフトが渡辺プロが使用しているものと違うのかなにかわかりませんが・・・

5手必死なども将棋世界に掲載されているものをAI将棋ver.18、激指定跡道場2解かせてみましたがやはりいずれも解けませんでした。
コンピュータ将棋にもまだまだ課題が残っているような気がします。



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149]

処理 記事No 暗証キー
- KENT - Modified by isso