将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ

2020年 今日の「やさしい実戦の詰み」


第254問(10月12日出題)

10月11日に放送されたNHK杯(千田-渡辺大夢戦)から(先後逆)。実戦は必死で終局したが、それを詰む状態に。
ここから難しい手はないが、中段玉を正確に読む必要がある。

7手詰。10分で3級。

第255問(10月20日出題)

飯能将棋センターの二枚落ちから。
金駒一枚で一手詰の局面だが実際は持ち駒が桂香しかない。こうした所でも詰将棋をやっているとこの後の展開が一目で見えるようになる。

9手詰。10分で2級。

先月の問題へ/解答を見る/実戦の詰みへ/来月の問題へ

将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ