将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ

2020年 今日の「実戦の詰み」


第228問(2月12日出題)

飯能将棋センターでの対局から。
感想戦の途中で、5四桂が詰めろになっているという話から作成したもの。初手角か金どちらを捨てるかだけで後は手筋。
ちなみに先手玉も13手詰でこちらの方が難しい(余詰がある為出題はしないが、入りは必然手)。

13手詰。10分で二段。

第229問(2月17日出題)

2月16日NHK杯(斎藤慎八段-永瀬二冠戦)から作成。余詰を消す為、先手の桂と歩一枚を後手の持ち駒に変えただけ。
実戦は2二馬・同玉に手筋の1四桂で詰みだったが桂がなくても詰む。
なお変化も同手数なのでそちらもしっかり詰ませること。

13手詰。10分で三段。

先月の問題へ/解答を見る/やさしい実戦の詰みへ/来月の問題へ

将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ