将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ

2020年 今日の「実戦の詰み」


第224問(1月7日出題)

飯能将棋センターでアマ四段同士の対局から。
先手の手番で11手詰。後手の手番でも先手玉は11手で詰む(次の問題)。
新年最初ということでやさしい手筋ものから軽やかにスタート。

11手詰。10分で二段。

第225問(1月7日出題)

上の問題をそのまま先後逆にした問題。
こちらも11手と短いが、この問題の方が難しいだろう。手筋とも言えるが一つの妙手に気付かないとなかなか詰まないので探して欲しい。

11手詰。10分で三段。

(参考問題)(1月7日出題)
上の問題の原図がこれ(5×5内で端歩なし)。
いろいろ修正しているうちに面白い問題になったので参考までに。玉方の妙防があるので「17手で簡単だった」と考えると間違い。なお、収束7手前からはいろいろな詰み(余詰)がある。

25手詰。10分で五段。

解答を見る/やさしい実戦の詰みへ/来月の問題へ

将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ