将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ

2020年 今日の「やさしい実戦の詰み」


第224問(1月7日出題)

新年最初の問題は特に短くやさしいものにした。これは飯能将棋センターの四段同士の対局から。
龍が王手で回れず広そうだが、金銀桂をうまく使うことにより捕まえられる。

5手詰。10分で5級。

第225問(1月7日出題)

上記問題の先手玉の最終部分。
ここまで来ると難しいところはなく上の問題よりさらにやさしい。5五馬の威力で最後まで丁寧に読みを入れるだけ。

5手詰。10分で7級。

解答を見る/実戦の詰みへ/来月の問題へ

将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ