将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ

2020年 今日の「やさしい実戦の詰み」


第228問(2月12日出題)

飯能将棋センターの対局から作成。
7一にいた玉に6二桂成とし、8二玉となった場面。金銀ならやさしいが持ち駒に斜め駒はない。しかし盤面全体を見れば良く出る手筋がある。
ちなみに先手玉も7手詰。自玉の詰みもしっかり読めるようにしておきたい。

7手詰。10分で4級。

第229問(2月17日出題)

9月16日NHK杯(斎藤八段-永瀬二冠戦)から作成。原図はほとんど変えていないが、余詰を消した為、実戦の詰み筋とは違う。
特に難しい手はないが、ベタベタ適当に打っていくと捕まらなくなるので注意する。

7手詰。10分で5級。

先月の問題へ/解答を見る/実戦の詰みへ/来月の問題へ

将棋タウン(ホーム)へ/今日の実戦の詰み表紙へ